カウンセリングの今
 

いじめ問題をどうやって解決するか

人の集まりがある限り、いじめはなくなりません。

犯罪がなくならないのと同様に、いじめを完全になくすことは不可能です。

大切なのは、いじめが発生したときに、その被害をいかに最小限に抑えて、できるだけ早く平穏な生活を取り戻すかです。

いじめ問題で最もよくないのは、不安を一人で抱え込むことです。

他人にいじめ相談をすることで、悩みをわかちあい解決に向けて協力することができます。

とはいえ、学校の先生や上司に簡単に相談できる人ばかりではありません。

場合によっては、かえって問題がエスカレートしてしまうこともあります。

いじめ相談は、頼れる第三者にするべきです。

頼れる第三者とは、具体的にいじめ相談にたくさん応じた実績がある人や組織のことです。

一般社団法人の相談の窓口は、まさにそうした組織です。

まずは相談者の悩みを聞き、共感し、そして解決に向けてサポートします。

いじめ問題は、まずは他人につらい思いを告白することから始まります。